絶縁針脱毛の永久性について

細い絶縁針を脱毛を行う毛穴に挿入をして、毛穴の奥にある毛根を破壊していくのが絶縁針脱毛です。絶縁針脱毛に利用する針は絶縁処理が施されており、電流を流す部分だけが非絶縁となります。そのため、皮膚全体に電流による熱が加わる事が無いのが特徴です。因みに、ニードル脱毛と言う針脱毛手法がありますが、これは絶縁針ではないと言います。そのため、絶縁針脱毛とは異なる手法になるわけです。絶縁針脱毛は、毛穴に1本の針を挿入し、その絶縁針に微弱な電流を流して処理をします。1本1本毛穴に絶縁針を挿入しては電流を流すと言う事を繰り返して行く事になりますので、確実に脱毛が出来るのです。針に電流を流す事で針先にある発毛組織を熱エネルギーで破壊をしていきますので、確実に脱毛処理が行え、永久性を得る事が出来ると言うメリットがあります。尚、デリケートな部分など痛みを感じ易い場所を脱毛する時は、麻酔を使って痛みを和らげながらの脱毛が可能だと言います。