絶縁針脱毛のデメリットについて

毛穴に細い針を挿入して、その針に微弱な電流を流して、毛穴の奥にある発毛組織を破壊していくのが絶縁針脱毛です。発毛組織は、微弱な電流が熱となり破壊されていくのです。そのため、脱毛としての効果は高いと言える手法です。針を皮膚に挿入していきますので、痛みが有ります。また、微弱な電流を流す事で針の先は熱を帯びますので熱感を持ちます。この熱感は痛みへと変るなどのデメリットがあります。但し、絶縁針脱毛は医療行為であって、脱毛サロンなどでは行う事が出来ないとしており、絶縁針脱毛を行なえるのはクリニックなどの医療行為を可能にするところになります。そのため、痛みを感じ易い部分などについては麻酔を行なって処理をする事も出来るため、痛みを軽減させる事も可能です。絶縁針脱毛のデメリットと言うのは、毛穴1本1本に針を刺していくことになるため、時間が掛かると言う事です。しかしながら、毛穴を1つずつ処理をしていきますので永久性を得る事が出来ると言う利点もあります。