絶縁針脱毛はクリニックでの手法です

クリニックでの脱毛と言うと、医療レーザー脱毛が主流と言えます。医療レーザー脱毛というのは、広範囲の箇所の脱毛を短時間で処理する事が出来るとしているからです。また、レーザーの出力を高める事で、脱毛の効果を高める事が出来るとしています。しかしながら、最近は医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛を組み合わせて行ったり、絶縁針脱毛での処理をする事もあると言います。クリニックは、医療行為を可能にする施設ですので麻酔を利用する事が出来ると言う利点が有ります。絶縁針脱毛は、針を皮膚に挿入をして行う方法ですので、痛みが伴うことになります。この痛みは針を挿入する時よりも、その針に電流を流した時の方が痛みの感じ方は大きいといわれており、デリケートな部分の処理を行う場合は麻酔を使う事で痛みを軽減させる事が可能になるのです。因みに、電流を流す時間と言うのは1回に0.2秒から1秒と言うとても短い時間です。そのため、痛みそのものが少ないと言います。